軽井沢のペンション
トップ 料金 交通 食事 設備 観光 質問 予約
■ペンションとは
■ヨーロッパのペンション
■日本のペンション
■ペンションの種類
■高原のペンション
■上手なペンションの利用法
■北軽井沢のペンション
■世界のペンション
■日本のペンション
■ペンション用語辞典

ヨーロッパのペンション

 ペンションとは、ドイツやオーストリア、イタリア、スペインなどのヨーロッパ大陸諸国では、比較的低価格で泊まれる小規模なホテルを指します。子どもたちが成長して家を離れて二人暮らしとなった夫婦が、一夜の宿を乞う旅人に子どもが使っていた部屋を提供し、手づくりの家庭料理でもてなす。

 これがペンションのルーツと言われています。

 それが証拠に「Pension」は元来、フランス語・英語で年金の意味です。退職後に年金生活をする高齢者夫婦が自宅で空き部屋を利用して、賄い付き(食事付き)の学生等向けの下宿または旅行者を廉価で泊める宿泊施設を運営したことに基づきます。それが転じて、のちには一般のホテルよりやや低価格で泊まれる小規模な宿泊施設を指すようになりました。ですから、ヨーロッパでは、安く、気軽に利用できるB&B形式が主流となっており、夕食はペンション周辺のレストランで、というのが多いようです。

 イギリス、ドイツ、フランス、スイス、オーストリアなどヨーロッパ各国には相当数のペンションがあり、今ではホテルの三倍ものベッド数があるといわれるほどに普及しています。アメリカやハワイにもペンションは数多く存在し、滞在型の気楽な宿として多くの人に利用されています。

 フランスでは 「パンシオーン」、ドイツでは 「ペンジョン」、イタリアでは「ペンシオーネ」、スイスでは「ガルニ」、イギリスでは「パンション」と言い、呼び方は各国様々です。イギリスの場合「B&B」とも呼ばれ、むしろこちらの呼び方のほうが一般的です。B&B (Bed&Breakfast) というのは、呼び名が示すとおりベッドと朝食、つまり朝食付きで一泊を安価で提供する宿泊施設です。

 わが国のペンションは、このヨーロッパのペンションをモデルとして誕生しましたが、ヨーロッパのペンションを原形としながらも、時代や利用者のニーズに合わせて、わが国独自のペンションをつくり上げてきました。ですから日本で「ペンション」という場合、ちょっとニュアンスが違います。建物が西洋風の外観・内装で、食事も主に西洋料理を提供する宿泊施設を指します。ヨーロッパのペンションとは、大幅に違っています。

 ヨーロッパ諸国のペンションは、一般のホテルに比べてやや低価格かつ、家族経営を基本としています。日本のペンションとは異なり、観光地・リゾート地に限られるものではなく、市街地に立地するものが少なくありません。また、大都市の中心部で営業するペンションもあります。観光利用主体でないペンションが少なくないのも、日本のペンションとは異なります。

 ドイツ語圏ではウィーンなど大都市の中心部で、建物のテナントに入居しているなど、建物の1つの階のみまたは2つ以上の一部の階のみで営業するペンションがあります。ハンガリーなどでは、マンションをペンションにしているところさえあります。

 基本的に夕食は提供しませんが、ダイニングルームで朝食は提供し、料金も朝食込みが基本です。比較的低料金のため、ペンションの客室にはバス(またはシャワー)・トイレ付きでないものが多く、その場合、共同のシャワーやトイレを使用します。
軽井沢宿主日記北軽井沢日記北軽井沢物語軽井沢観光ガイド