軽井沢のペンション
■トップページへ
■ペンションとは
■ヨーロッパのペンション
■日本のペンション
■ペンションの種類
■高原のペンション
■上手なペンションの利用法
■北軽井沢のペンション
■世界のペンション
■日本のペンション
■ペンション用語辞典

日本のペンション

 「ペンション」という語は「ビジネスホテル」同様和製英語で、英語で「business hotel」といえばビジネス向けのホテルのことかと通じますが、「pension」は「年金」を意味します。ただし、同じつづりで「パンシオン」と発音されるフランス語は、日本でいう民宿のような食事付きの小規模宿泊施設のことです。

 日本のペンションは、ヨーロッパに多いこの種の家族経営の廉価な小規模ホテルにヒントを得て開発されました。1968年(昭和43)に群馬県草津で開業した綿貫(わたぬき)ペンションが最初で、パンシオンでは発音しにくいため、年金を意味することは承知のうえでペンションの表記が採用されました。ペンションは、旧国鉄の「ディスカバージャパン」キャンペーンに続く国内観光ブームの追い風を受けて、1970年代に急速に普及しました。

 民宿と比べた場合の特色は、施設が新しく洋式であること、夫婦などによる家族労働が主であるが民宿のような副業としての兼業ではなく専業であり、季節営業ではなく通年営業であること、さらに、豊かな自然環境にあこがれる都市のサラリーマンが転職して経営者となるケースが多いこと、などです。ペンションの多くは長野県に集中しており、有名観光地の周辺や自然環境に恵まれた高原などに立地し、スキーやテニスなどのスポーツに便利である場合が多いです。顧客としては若い世代の家族客を含む小グループが主たる対象であり、料金制度は1泊2食付きの旅館形式です。料金の水準は旅館と民宿の中間に位置します。
軽井沢宿主日記北軽井沢日記北軽井沢物語軽井沢観光ガイド